岩手 引越し業者

岩手の引越し業者の簡単な選び方

岩手 引越し 比較

岩手 引越し 相場

岩手 引越し 最安値

岩手 引越し 見積もり

岩手 引越し 料金

 

岩手県の引越し業者を検索すると、約150件ヒットします。

 

こんな沢山の引越し業者の中から1社を選ぶのは簡単ではありません。
しかも、引越し費用を抑えたいなら複数の会社に見積もりを取って比較しなければなりません。

 

引越し業者岩手

 

1社1社に連絡していたら大変ですが、今は引越し業者一括見積もりができます。

 

200社以上の引越し業者が参加しており、1回情報を入力すれば最大10社からまとめて見積もりを取ることができます。

 

岩手 引越し

 

あなたの引越し相場や、1番安い業者も簡単に見つけられます。
サービスや価格など総合的に比較して、一番良さそうな業者を選んでくださいね。

 

 

引越しには繁忙期があります。
4月から大学入学や新入社、人事異動などで新生活が始まります。
多くのひとが2〜3月に引越しするため、良い引越し業者ほど予約が埋まります。

 

引越しの時は、新居が決まったらすぐに見積もりを取って業者をおさえておきましょう。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

 

引越しと初期費用

 

岩手引越し初期費用

 

引越しをするには結構、初期費用ががかかります。
大きな金額になるものは、引越し代と物件の契約料だと思われます。
マンションやアパートなどの賃貸物件を初めて借りるという方は、入居時にかかる初期費用についてよくわからないと思います。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用には、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかります。

 

ひとつひとつ見ていきましょう。

 

敷金は物件の退去の際に汚れた壁紙などを補修する費用で貸主に最初に預けるという形になっています。
部屋を綺麗に使っていれば退去時に返還されます。
しかし契約内容によっては一部または全額を返還しないことになっている場合もありますので、契約書をしっかり確認しましょう。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われているものです。
指定されている場合は支払う必要がありますが最近は礼金ゼロという物件もあります。
なぜかというと、部屋を探している人が少しでも入りやすくするために、礼金ゼロにしている貸主さんもいます。

 

さらに2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。
家賃の滞納が社会問題となっていますので、ちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認するという意味合いもあります。
逆に1か月フリーレントといって、「1か月分の家賃が無料です。ぜひうちの物件にお入りください!」という貸主もいます。

 

考え方は人それぞれですから、物件を探すときに注意してみてくださいね。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用です。
これは法律で決まっていませんので、家賃1カ月分だったり、家賃の数パーセントだったりと会社によって決まっています。

 

以前であればは賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたりしたものです。
連帯保証人を2人用意してくださいという物件もありました。
最近はいろいろな事情があって連帯保証人を用意できない人が増えましたため、連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼するのが主流になりつつあります。

 

賃貸物件は集合住宅なので火が出ると燃え移る可能性が高いです。ですから必ず火災保険に加入させられます。
なぜなら隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも、自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできないのです。
もらい火も自己責任なので、火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換を行います。
マスターキーは管理会社や大家に返却されますが、前の住人がスペアキーを作っていた場合はこれらまで回収できません。
そもそも合鍵は何本作られたのかもわかりませんので、新しくしたほうがいいです。。
やはり他人が自分の家のカギを持っているのは気持ちのいいものではありませんものね。
費用は1.5〜2万円くらいです。

 

このように契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。
契約書にサインをする前にしっかり確認しましょう。

 

 

引越しとご近所へのあいさつ

 

引っ越しあいさつ

 

引越ししたらご近所への挨拶は、引越し当日か翌日に行きましょう。
どうしてかと言いますと先延ばしにすると段々行くのが面倒くさくなったり、道や廊下でバッタリ住人に会ってしまってタイミングを逃したりするからです。

 

引越し日までには簡単な粗品を用意して、引越ししたらすぐに行くのがおすすめです。
粗品があると気持ち行きやすいです。
粗品は500円とか1000円くらいの日用品やお菓子がいいです。タオルや洗剤などが喜ばれると思います。

 

ではどこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行くのが一般的です。
大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合は、その方にもご挨拶しておくといいですよ。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのようなに住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制で清掃を行っているかと思います。
ですから自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しや地域のルールなどを聞いておくといいですね。

 

引越しの手順

 

引っ越し手順

 

引越しにはいろいろなさぎょうがありますが、手順を知っておけばそんなに大変ではありません。
あからじめ引越しの大まかな手順を確認しておきましょう。

 

・新居がきまったら、引越し業者に見積もりを依頼する。
引越し業者への見積もりは、新居の住所や物件の状況がわからないと正確な料金がわかりません。
エレベーターの有無やトラックを停める位置などによっても値段が変わります。
ですから新居が決まって見積もりを取って、引越し業者をおさえておきましょう。

 

・荷物の梱包、不用品の処分を行う。
引越し日までに荷物をすこしずつ梱包します。
不用品はゴミカレンダーで計画的に捨てるか、あげる、売るなどして処分しましょう。
引越しの際に荷物が多いと費用が高くなりますから、できるだけ荷物を減らしてくださいね。

 

・市外への引越しなら役所に転出届を提出する。(2週間前〜)
市外へ引越しする際は、転出届を提出します。
さらに国民健康保険や年金の届けについても役所で聞いておきましょう。

 

・電気・ガス・水道・通信会社などに引越しする連絡をして、詳細や精算方法などを確認する。
電気などのインフラは引越し日までは使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように手配しなければなりません。
うっかり新居の手配を忘れて引越ししたはいいけど、電気がつかないとかお湯が出ないなどのトラブルも多いです。お気をつけください。

 

・郵便局に新居への郵便物転送手続き(届出から1年間有効)
郵便局に転送の手続きをしておくと1年間は郵便物が新居に届くようにすることができます。
その間に引越しハガキやメール、LINEで引越しした旨を友人知人にお知らせしましょう。

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておく。
引越し日は引越し業者におまかせするとして、どこに何の家具を置くかなど指示が必要です。
前もって家具の配置、ダンボールの置き場所などを紙にかいて整理しておくと引越し当日はスムーズです。

 

・市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出
同一市内なら転居届け、市外への引越しなら転居届けを提出しておくことで、選挙ハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをする。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続き
免許証やパスポートなどは住所変更の手続きが必要です。免許証は身分証にもなりますので、早めに行いましょう。
他にも銀行カード、クレジットカード、保険などは住所変更の連絡を入れておきましょう。

 

 

引越しの挨拶で持って行く粗品

引越しと挨拶

引越しの時にはご近所に挨拶に行くと思いますが、その時に粗品は何を持って行けばいいのか迷いますね。
手ぶらで挨拶だけ・・・という人もいますが、やはり最初の印象を良くすることは今後の生活に大きくかかわることなので、簡単な粗品を用意して行くのがオススメです。

 

粗品でもらってうれしいものといえば、いくつあっても困らないものやデザインを選ばないものでしょうか。
多くの方が選ぶものに洗剤があります。
食器洗剤や洗濯洗剤は毎日使う消耗品で、もらうと嬉しいです。値段も手ごろですから人気があるのも分かります。
もらう方もあまり気負いしませんし、洗剤はオススメです。

 

他には地元のお菓子、500〜1000円くらいのお菓子も人気だそうです。
パックの紅茶やコーヒーとのセットも人気です。
何を持って行くかは人それぞれですが、ちゃんと名前がわかるようにのしをつけて渡しましょう。

 

ちなみに手ぶらで行くと答えた方は1割未満でした。
初めて伺うおうちですから、粗品を用意した方が行きやすいということですね。
引越しの挨拶は、引越しした日かその翌日には行った方が良いです。
廊下でバッタリ会ったりすると、もういいかな・・・となんとなく面倒になってしまうからです。

 

 

引越しの訪問見積もりのメリット

 

引越し訪問見積もり

 

引越しの見積もりと言えば以前は訪問見積もりが主流でした。

 

正確な引越し料金を知りたいのであれば、今でも訪問見積もりがオススメです。
なぜなら引越しの費用はいろいろな要素が組み合わされているので、一人暮らしの引越し●●万円だとか家族の引越し〇〇万円といった価格表示ができないからです。

 

物件の廊下の幅やエレベーターの有無、トラックを横付けできる場所などは実際に物件を見てみないと分からないからです。
トラックが入れない路地の奥に物件がある場合は、カートで何往復も荷物を運ぶこともあります。
そうするとやはり時間がかかるし、多くのスタッフが必要となるのです。

 

ネットで見積もりは簡単で便利なのですが、当日になって追加料金がかかることもありますので、出来れば訪問見積もりを予定しておくのがおすすめ。

 

冷蔵庫や洗濯機などの大きな家電は、狭い廊下や玄関から運び出せないことが多々あります。
そんなときはベランダから吊り上げたり、クレーンを用意しなければなりません。
前もって予定しているのとそうでないのとでは全然違いますよね。

 

わざわざ営業の人に家まで来てもらうのは申し訳ないとか、部屋を掃除しないといけないので面倒とかいろいろあると思いますが、訪問見積もりで引越しトラブルが減らせるならいいと思いませんか?

 

 

 

岩手県
紫波郡 久慈市 二戸市 盛岡市 一関市 大船渡市 釜石市 岩手郡 奥州市 花巻市 北上市 八幡平市 下閉 宮古市 陸前高田市 遠野市

 

 

引越し業者長崎 引越し業者姫路 引越し業者江戸川 引越し業者さいたま